About us

理事長インタビュー

組織力を活用強化することで、医療や福祉のさらなる連携を目指し広く社会に貢献していきます。

医療法人 崇徳会の始まりは、昭和42年の「田宮病院」の開設にさかのぼります。当時の日本の精神医療はハード・ソフト面ともに未熟でしたが、地元である長岡市に開放的な精神科の専門病院をつくりたいという思いで同院を設立したことに端を発しました。

 

そして、平成4年に田宮病院の患者様の合併症をフォローできるように「長岡西病院」を開設。中でも、開院と同時に設置した全国初の仏教を背景とした緩和ケア病棟「ビハーラ」は大きな注目を集め、様々なメディアに取り上げられました。

 

その後、「地域総合サービスセンター」を開設し、訪問看護・介護や在宅介護支援をはじめ、就労支援の施設や施設内保育所など、病院以外の在宅部門活動をしています。

 

また、医療法人崇徳会の他に、高齢者や障害者福祉の「社会福祉法人 長岡福祉協会」と「社会福祉法人 長岡老人福祉協会」また、ボランティア等のお世話をする「NPO法人 ボランティア連合会」、さらに、医療福祉人材を養成する「学校法人 悠久崇徳学園」が、『長岡医療と福祉の里』を形づくって、お互いに協力しています。

 

医療法人 崇徳会は、関連法人とともに日本や国際社会にも貢献できる存在になりたいと考えています。