新潟県長岡市 長岡西病院/長岡医療と福祉の里の基幹病院/総合的な医療サービスを提供

診療技術部のご紹介:リハビリテーションセンター

気持ちの良い環境でリハビリ

 
当院リハビリテーションセンターでは、治療・介護・在宅ケアを考慮した質の高いリハビリテーションの提供を目指しております。充実したスタッフと設備で、患者様の社会復帰・在宅復帰をサポートいたします。

回復期リハビリテーション病棟(40床)を平成16年に開設し、平成26年4月60床に増床しました。スタッフも増員し、より生活(病棟生活・在宅生活)を考慮したリハビリテーションの提供を心がけております。

外来リハビリテーションに加え、系列の訪問看護ステーションや通所リハビリ施設と連携し、地域密着型のリハビリテーションを提供しております。
 

リハビリテーションセンターの様子

リハビリテーションの対象疾患

  • 脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)
  • 整形外科疾患(大腿骨頚部骨折、脊椎圧迫骨折など)
  • 神経難病(パーキンソン病、脊髄小脳変性症)
  • 廃用症候群(肺炎後、外科手術後)
  • 終末期医療

各療法紹介

理学療法部門の紹介

脳血管障害や骨折の患者様が主な対象です。ベッド上での運動や筋力訓練・歩行訓練等により、低下した機能の回復を支援して、在宅や施設等での生活の充実を図ります。

新潟県内初導入となった天井走行式歩行訓練機(通称エンデゴー)を使用し、より安全で効果的な機能訓練を行います。

また、退院後の生活を見据えて、作業療法士をはじめとする様々な職種と連携して、住宅改修のアドバイスや福祉用具の選定等を行います。 

作業療法部門の紹介

作業療法では腕や手の機能訓練に加え、楽しく行える作業活動や食事・排泄といった日常生活に必要な動作の訓練を行います。

また、家事訓練や書字訓練・自助具(身の回りの動作を助ける用具)の提供など、幅広く患者様をサポートします。 

言語聴覚療法部門の紹介

脳血管障害で失語症(言葉の出にくい障害)や構音障害(ろれつが回りにくい障害)になられた患者様、嚥下障害(脳卒中や肺炎などで食事が上手くとれない)の患者様に対して訓練を行なっています。

和やかな雰囲気の中で、障害だけでなく心理面のサポートも心がけています。 

採用情報

酒井 良美

私は平成28年4月に入社しました作業療法士です。この職場はビタミンカラーが印象的なリハビリテーションセンターで、多くのリハビリスタッフが働く、明るく活気あふれる職場です。

当院は急性期から終末期までの病棟があり、リハビリでも様々な患者様とかかわる機会があります。入社当初は知識技術の足りない私が働いていけるのか不安でしたが、新人には各療法士の先輩がフォローに入り、業務から日々の悩みまで親身になって相談にのってくれるため、心強く、働きやすいです。話しやすい雰囲気と先輩のサポートもあり、当初の不安はなくなりました。

まだ未熟な部分もありますが、患者様の社会復帰への手助けができるよう他職種と連携をとりながら日々業務に励んでいます。この職場は子育てをしながら働いている先輩も多く、私もそんな先輩方のようにこの職場で長く勤めていきたいと思います。