新潟県長岡市 長岡西病院/長岡医療と福祉の里の基幹病院/総合的な医療サービスを提供

看護部のご紹介:看護の現場から

募集要項はこちら

ステップアップが実感できます

 今年の4月に3階の一般病棟から回復期リハビリ病棟へ異動になりました。当院はケアミックスタイプの病院で、新卒入職後は知識技術を磨くために部署異動があります。異動の中で自分に合った部署を探しながら将来の展望を考えることができます。一般病棟では医師の介助や処置などの技術が中心で、症状が改善すると退院する患者様が殆どで、退院支援には自信がありませんでしたが、今は退院支援を学ぶチャンスと思い、日々患者様と関わりながら勉強させて頂いています。他職種との繋がりが深く、チームで看ていると実感できるところも魅力です。

介護士から看護師への転身

 私は看護師になる前は、介護福祉士として施設で働いていました。その時に、利用者さんに対して優しく、確かな知識で看護を行う男性看護師と出会いました。その姿を見てそれまで看護師は女性の仕事というイメージから憧れへと変化しました。それから看護師を目指し、看護師となった今でも私の原点はその男性看護師のように患者様に対して優しく、確かな知識と技術に裏付けされた看護を行うことです。私も後輩から「先輩のようになりたい」と思われるような看護師を目指しています。また臨地実習指導者として学生の指導にあたっていますが、学生さんにも看護の素晴らしさを感じてもらえるような指導をしていきたいと思っています。

男性看護師のやりがいを感じられる職場です

 入職時から環境に恵まれ先輩看護師から多くのことを学んできました。特に先輩の男性看護師からは、自身のロールモデルとして知識や技術だけでなく、心の在り方においても学ばさせてもらっています。高齢者の看護では看取りの患者様も多く、患者様や家族に対する思いがより大切だと考えています。患者様の命・生活を預かっている立場から、責任は重大ですが、やりがいを持ち忙しさの中にも温かみを感じることができます。それも支えてくれる先輩や仲間がいるからこそだと考えています。今後は私も後輩職員の支えとなれるよう頑張ります。共に働いてくれる仲間が増えたら嬉しいです。

子育てブランク後も安心して働けて幸せです

 私は看護学校を卒業後すぐに結婚し、8年間専業主婦をしていました。そのような経歴で看護師として働くことに大きな不安がありましたが、新人研修を受けながら新人同様の手厚いサポートをしてもらい働き始めて2年目になりました。プリセプターや先輩看護師からの技術指導・看護記録も毎日チェックして頂き、新人チェックリストを用いて毎月の振り返りも行いました。年間を通して新人研修にも参加しました。3人の子育て中でもありますが、スタッフは子育て世代が多く、悩みを相談することもできます。ブランクのある看護師でも安心して働くことができ、日々やりがいを持って働くことができる職場だと感じています。
 

新人看護師でも安心して働けます

 私は、入社してから3年間、一般病棟に勤務しました。一般病棟では、治療や疾患について学ぶことが多く、注射や処置も多いため看護技術について一から身につけることができました。現在は、回復期リハビリ病棟への配属となりましたが一般病棟とは違った時間の流れを感じています。
 回復期リハビリ病棟では一般病棟以上に一人の患者様とより深くかかわりながら、他職種との連携や退院支援について学びを深めています。

患者様に寄り添った看護が生きがいです

 長岡西病院で勤務して7年目となりました。ずっと働き続けてこられたのは、病棟での人間関係が良く相談しやすい雰囲気があって居心地が良いからだと思います。困った時、悩んだときに親身になって考えてくれる仲間がいるから私は頑張って働けていると思います。私は人と関わることが大好きです。異動前は一般病棟でしたが、今は療養病棟で比較的ゆっくりと時間が過ぎるので、落ち着いて患者様と関わることができます。じっくりと患者様に寄り添い、自分自身の看護観について考えるにはとても良い病院だと思います。多くの方に病院見学にきていただき、一緒に働けたら嬉しいです。
 

ライフスタイルに合わせて働けます

 入職時は夜勤をしていましたが、結婚・出産・子育てで「夜勤が出来ない」「子供の送迎で勤務時間に制限がある」など生活スタイルの変化とともに働き方も変えてもらいながら働き続けています。
 当院の外来はアットホームでスタッフが協力して短時間勤務の職員も残業せずに帰れるよう配慮してもらったり、上司や仲間に悩み事を聞いてもらったり、同級生の頑張りが心の支えになったりしています。
 これからも笑顔と優しさをモットーに患者様に信頼されるよう頑張っていきます。

仕事のやりがい

 痛みを和らげる末期治療を行っていた患者様が「一番つらいとき、ずっとそばにいてくれてありがとう」と言ってくださったことがありました。新人で至らないことばかりだったし、何もできない無力感に苛まれていたのですが、苦しい中でそう伝えてくださった気持ちに感謝して、これからも頑張ろうと強く思いました。
 経管栄養の注入が遅れてしまったとき、その患者様のご家族に「口から食べるものではなくても本人にとっては食事だから時間を守ってほしい」とのご指摘を受けて反省しました。そして改めて、患者様を第一に考えたケアを心がけたいと強く思いました。さらに、ありきたりではなく個別性を大切にした看護を目指して頑張りたいです。
 学生時代は課題に追われ、勉強するのもいやになることがあると思います。でも今やっていることは必ず身になるし、特に実習は役立つことばかりなので大切にしてください。休日は勉強を離れてリフレッシュし、気持ちを整えた上でまた頑張るなど、自分なりに工夫して取り組むと良いと思います。