新潟県長岡市 長岡西病院/長岡医療と福祉の里の基幹病院/総合的な医療サービスを提供

採用情報:医師の皆さまへメッセージ

当院は開設以来20年を経過し、地味ながらも当地での地域医療に貢献していると自負していますが、ご多分にもれずまだまだ来院される患者様の数に比べて医師不足の現状です。病院に就業をお考えで当院のホームページをご覧いただいた先生方に、私のささやかな体験談をご披露します。ご参考になれば幸いです。

実は私自身、平成25年1月から当院に就業した身です。去年までは当院近くの長岡赤十字病院の循環器内科に所属しておりましたが、還暦も迎え体力の衰えもあり、日赤病院ではまだ定年前でしたが、お誘いもあったので再就職いたしました。

当院の理事長の考えは、精神科にかかりつけの患者様(田宮病院という精神科病院と連携しています)が、一般診療科と同じテーブルで気兼ねなくかかれるようにしたい、当院の近くにお住まいの皆様の健康管理や診療を大事に行いたい、というのが基本理念です。したがって、最初は前の病院と対象患者様が異なり少し戸惑いましたが、最近は対象患者様にも慣れてきました。一言ではなかなか言い切れませんが、簡単に言うと色々な疾患をお持ちなために立場の弱い患者様の診療をきちんと行うということです。

こじんまりとした病院ですが、外来・病棟スタッフ、コメディカルさらに事務の人たちとのチームワークが大変良好で、チーム一丸になって診療に当たることができる環境だと感じています。また報酬(給与)については頑張った人ほど増加する仕組みにもなっています。月1~2回の日・当直もありますがきついものではなく、いざとなれば長岡の3大病院(長岡赤十字病院、長岡中央綜合病院、立川綜合病院)に救急依頼も可能です。

退院後の在宅医療の支援体制ができていて、療養施設への連絡もスムーズに行われており、何と言ってもこの地域の今後の老人医療を支える大事な役割を担っているという印象です。救命救急を旨とする最前線の病院で診療を行うのも一つの選択肢ですが、その後の患者様を当院のような病院でフォローすることもとても重要な役割だと感じています。少しゆったりとした環境の中で、今まで培われた先生の実力を発揮して頂ければと存じます。

一度、見学に来たいというご希望がありましたら、是非、当院にご連絡いただければ幸いです。以上、簡単ですがご紹介申し上げます。