新潟県長岡市田宮病院/精神医療の専門病院(うつ病・神経症・認知症・統合失調症)

田宮病院 田宮病院田宮病院

tel:0258-46-3200

コメディカル部のご紹介栄養管理室

 
イラスト:栄養管理室

栄養管理室では、入院患者さんへのお食事について多職種協働のもと、随時病棟訪問を行い、一人ひとりの栄養管理計画に基づいた食事の提供に努めています。また、個別栄養相談の実施や栄養に関する情報の発信(月1回 食べ物・栄養新聞発行)を行っています。チーム医療では褥瘡対策チームとして栄養を通した予防と治療への貢献、食と安全に関する委員会ではミールラウンドチームとして安心して安全に食べられる楽しみの充実(QOL)を目指して活動しています。

スタッフ

  • 管理栄養士/5名
  • 厨房スタッフ 約30名(委託業者)
 

入院中のお食事について

当院の給食は入院患者さんに安全で美味しい食事を提供するために、セントラルキッチン(院外調理センター)より新しい給食システム「ニュークックチル」による食事を提供しています。(株)マイステルジャパン 長岡セントラルキッチンより毎日配送された料理を、冷たく温度管理した状態で盛り付けし、喫食直前に再加熱カートで温めて提供します。衛生管理の整った施設設備と徹底した温度管理により、食中毒などの危険を回避し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供することができます。

メニューは春夏秋冬のサイクルで季節の行事食(月2回程度)や選択メニューを実施し、入院生活に潤いがもてるような給食づくりに努めてまいります。

※「ニュークックチル」とは材料を下処理し、加熱調理したあと0〜3℃まで急速に冷却して保管を行い、食べる直前に再加熱をする調理法です。加熱調理してから5日間の冷蔵保管が可能で1日を通して計画的に調理を行うことができるため、多種多様な病院給食において衛生管理の行き届いた安全な給食の提供と適時適温給食が可能となります。また、非常災害時の給食の確保という面でも役立ちます。
食事 給食室

行事食

正月 バレンタイン
正月 バレンタイン
ひなまつり 夏バテ防止ドライカレー
ひなまつり 夏バテ防止ドライカレー

患者さんの栄養管理について

栄養新聞写真

入院中の食事は医師の指示により、年齢・病態・病状などを考慮して決められています。栄養管理室では管理栄養士が医師や看護師をはじめ多職種との連携をはかりながら、随時病棟訪問を行い、患者さんの病態や機能などを考慮し、必要に応じて個別に調整(特別治療食や形態調整食、アレルギー食など)を図り、栄養管理を行っています。チーム医療として、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡対策チームにも参画しています。その他、栄養に関する情報の発信として栄養新聞の発行(1回/月)等を行っています。

食事相談(外来・入院)について(予約制)

医師の指示に基づき、患者さんの生活習慣やライフスタイルに合わせてアドバイスいたします。食生活を改善したい、検査値が悪化しているがどうすれば良いか分からないなど、お悩みの方は主治医にお気軽にお申し出下さい。

食べ物・栄養新聞 バックナンバー

【2018年】
6月号5月号4月号3月号2月号1月号

【2017年】
12月号11月号10月号9月号8月号7月号6月号5月号4月号3月号2月号1月号